健在医療がこわい~

自身は多汗症なのだろうかとずっと考えています。
もともと汗っかきではあるのですが、特にワキ汗はすごいです。
暑い段階だけではなく、重圧したり汗をかいちゃダメというと途端にワキ汗がブワッと噴き出してしまう。
もちろん誰しも多少なりとも汗はかくと思いますが、自分はボリュームが不明瞭ありません。
最高峰困ったのはヘルシー検査のときでした。
クリニックで診断着に着替えるのですが、それは何故だ?
診断着に着替えた途端ずっとワキ汗が出めくりです。
詰め所などでは他の方に見えないみたいハンカチで何度もワキ汗を拭ってしまいます。
お医者さんやナースさんの腕が、直に側周辺の表皮に触る時は「ヤバイ!」として余計に汗が噴き出してしまう。もはや気づかれないことを祈るのにマジです。

けれども遂にその時がきました。それはマンモグラフィの診断の時…
私のない胸を精一杯かき集めて診断机に挟もうとしてくれた女医さんの腕が、思いっきりワキに触ってしまいました。
診断の疼痛やら、バストの小ささが恥ずかしいやらで、既に私のワキは泉と化してました。
そこにインストラクターの腕が…
もちろんインストラクターはエリートです。何事もなかったかのようにスルーしてくれましたが、もう自分はインストラクターの面構えを見ることもできず、ただただ診断が早く仕上げることを狙うばかりでした…。

そうしてすべての診断を終えウエアを着替えて帰り、あれだけ汗で濡れていたワキは嘘のように乾いていました…あぁ自分の人体なのに支配ができない…診断収支よりワキ汗の方が気になってダメダメワンデイでした。車査定・買い取りするならどこ?